台風はなぜ秋に多い?

台風はなぜ秋に多い?

 

夏から秋にかけて台風が日本にやってくることが増える時期になります。

なぜ、台風はこの時期に多いのでしょうか?

 

熱帯などの海域では、太陽の強い日差しにより海水温が高くなっています。

その為、海上で上昇気流が発生しやすく、大量の水蒸気が反時計回りに渦を巻きながら上空に昇っていきます。

大量の水蒸気を含んだ下層の空気が上空で集まり、多数の積乱雲が発生します。

その積乱雲が集まり渦が大きくなると熱帯低気圧になり、それが発達すると台風になります。

 

さらに、台風は太平洋上の高気圧の縁に沿った形で北上するルートを通ってきます。

夏場はこの太平洋高気圧の勢力が強いため大陸側を通るようになりますが、秋になり太平洋高気圧の勢力が弱まると、ちょうど太平洋高気圧の縁が日本列島付近になるため上陸しやすくなります。

秋の偏西風に乗って早いスピードで北上するため、台風本来の風と偏西風による移動のスピードが重なり、より一層風が強まってしまいます。

 

台風はどこで発生しやすいのか?

 

台風は赤道付近の海上で多く発生します。

海面水温が高い熱帯の海上では上昇気流が発生しやすく、この気流によって次々と発生した積乱雲(日本では夏に多く見られ、入道雲とも言います)が多数まとまって渦を形成するようになり、渦の中心付近の気圧が下がり、さらに発達して熱帯低気圧となり、風速が17m/sを超えたものを台風と呼びます。

 

台風はなぜ左回りなのか?

→ 地球は自転しているため、大気の動きに「コリオリの力」が加わります。

これは北半球では進行方向に対して右寄りの力が加わります。

台風の中心に風が吹き込むとき、その風が右方向に引っ張られるため、反時計回りの渦が出来ます。

 

台風対策☆

 

台風が来た時の対策や準備するものを調べてみました。

 

●家の外の台風対策

1. 窓や雨戸はしっかりと閉める。必要に応じて外から板を打ち付ける等の補強を行う。

2. 排水溝や側溝は掃除をして水はけをよくしておく。

3. 植木鉢など風で飛ばされそうなものは固定したり、入れの中に避難しておく。

※雨や風が強くなってきてからの作業は危険ですので、早めに対策をしておきましょう。

 

●家の中の台風対策

  1. 窓や雨戸を閉め、窓ガラスが割れてしまったときの飛散を防ぐために飛散防止フィルムなどを貼っておく。

2. 外からの物が飛んできた場合に備え、カーテンやブラインドを閉めておく。

3. 停電時に備え、携帯ラジオ・懐中電灯・ローソクなど準備しておく。

4. 避難が必要になった時に備え、防災グッズや水・食料を準備しておく。

5. 避難場所や避難経路の確認をしておく。

6. ハザードマップの確認をしておく。

 

いくつかは、台風以外の災害にも役立ちますので、一度確認をしてみてください!

 

健康に関連する記事

乾燥の時期こそ足裏ケアを♪

乾燥の時期こそ足裏ケアを♪の画像

乾燥の時期こそ足裏ケアを♪

皆さん、足裏・お肌のケアはやっていますか?

『腸活』ヨーグルトの菌の種類と選び方♪

『腸活』ヨーグルトの菌の種類と選び方♪の画像

『腸活』ヨーグルトの菌の種類と選び方♪

菌の働きを知って、自分にあった腸活を♪

身体に嬉しい季節の湯♪【前編】

身体に嬉しい季節の湯♪【前編】の画像

身体に嬉しい季節の湯♪【前編】

日本古来からの季節の湯のお話【前編】です。

普段疲れやすい方、必見☆

普段疲れやすい方、必見☆の画像

普段疲れやすい方、必見☆

「南極クリルエキス」皆さんご存じですか??